便秘解消、運動と効き目

便秘解消には、私の場合には運動と軽いお腹周りのマッサージとゆっくり行う腹式呼吸。運動は代謝を良くするのはもちろん、腹式呼吸も便秘解消のポイントになると思います。便秘に悩んでいる場合は運動と軽いお腹周りのマッサージが良いかと思います。

運動は、誰でも出来る事から、出来ない運動もありますが、寝起きに身体をベッドの上でゆっくり伸ばし、仰向けの状態でゆっくり腹式呼吸をします。その後、お腹の周りをゆっくりマッサージ。そして500リットルくらいの常温の水を飲みます。再び腹式呼吸をします。何故なら、その水分が腸に下りていくのが感じられます。

朝一の水分補給をするのは凄く大切な便秘解消方法です。それでも、出にくい場合には、ペクチン、リンゴや柑橘類の皮などに含まれる多糖類です。果実が未熟な時は不溶性で、成熟するにつれて水溶性食物繊維に変化します。強い粘性でコレステロールや胆汁酸、有害物質を付着し糞便として排出させます。腸内発酵により腸内を酸性に保ち、腸内環境を整え便秘を解消します。

グアーガム、マメ科植物グアーの種子に、含まれる粘度の高い食物繊維で、有効成分はガラクトマンナンです。腸内細菌叢ではビフィズス菌や乳酸菌を増加させ、腸内環境を改善します。吸水するとかさを増すため、膨張性下剤やダイエットにも利用されます。

 

医師も推奨しているHSP入浴で美肌を手に入れてみよう!

テレビや映画に出演している女優さんのような透明感あるモチモチの美肌になりたいなら、HSP入浴法と呼ばれる風呂美容でコラーゲンを常に肌に供給する方法は大変有効です。HSPとはヒートショックプロテインの略称であり、紫外線やストレスで傷ついた肌細胞を回復させる特殊なタンパク質の1つを指し、メラニン生成を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。

このHSPは、美肌のキーになるコラーゲンの減少を抑える効果もあり、38度以上の体温を常に保つことで初めて効率良く増やせる仕組みです。しかし現実的には38度以上の体温をいつまでも保つのは不可能なので、湯船に40~42度の熱めの湯を張って、全身を10~15分集中的に温める事でHSPを効果的に発生させて体内に増やす事が可能になります。

ちなみにHSP入浴法は、ガンの元になる病原菌や細菌感染などに対抗できる免疫力も身に付けられ、多くの医師が幅広く伝えるべき健康法としても推奨しています。又、湯船から出た瞬間の行動も大切で、身体の熱を冷まさないように即座にバスタオルを羽織って最低10分間は保温するアフターケアも行わないといけません。

HSP入浴法は原則として1週間に2回行うのが効果的ですが、美肌効果を実感するのは約2,3日後と言われています。もし、あまり美肌効果が感じられなくなったら、HSP入浴法を行うのは1,2週間は少なくとも間隔を空けるようにし、焦らずにマイペースに取り組むようにしましょう。

 

部屋でゆったりした時間を過ごすより忙しい日々が好きなのです。

休日に自宅の部屋で、ゆったりテレビを見てくつろぐのは幸せなことです。さらに、誰にもジャマされずにテレビのチャンネルを独占できたら言うことなしです。ですが、なかなかゆったりとした時間を取ることは出来ません。周りの色々なことが気になってしまうのが人間です。

結局休日には、スマートフォンを見てメールの返信に追われたり、飼い犬の散歩に行かなくてはならなかったり、自宅近くにあるパン工房の新作パンが気になって出かけたりしてしまうのです。折角の休日なのですから、ゆったり過ごせば良いのに実は皆、自ら進んで予定を詰め込んでいるのが現実です。

彼氏に美味しいお料理を作ったり、おいしいのにキラキラと美しい美的酵素をサイトで探したりと、忙しく過ごすことが実はとても幸せだと感じているのかも知れません。忙しい日常というのは、大変だとか不幸せだとか感じられてしまいがちですが、それこそが人間としての生きがいや明日へのと希望と感じられることなのでしょう。